石田眼科クリニック
プライバシーポリシー お問い合せ HOME
眼形成外来【専門外来】

 眼形成外科では、視機能の保持・改善のために、眼球付属器(眼球以外の眼部組織)の病的状態を治療します。主な対象疾患は以下の通りです。まぶたの病気(眼瞼下垂、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼内反症、眼瞼外反症、眼瞼けいれん、顔面神経麻痺後の状態、神経線維腫による眼瞼変形の修正など)、なみだが出る状態(鼻涙管閉塞、涙小管閉塞、涙小管炎など)、甲状腺眼症、腫瘍性疾患(眼瞼、眼窩、結膜、眼内にできる良性・悪性腫瘍)、眼窩炎症性疾患(特発性眼窩炎症、IgG4関連眼疾患)、義眼床形成、外傷(眼瞼裂傷、眼窩骨折、涙小管断裂など)など。
 甲状腺眼症における眼窩減圧術に対して、術後の眼球運動障害の発生が少ない「外側深部減圧」を第一選択として行っています。また、甲状腺眼症で頻繁に遭遇する上下の眼瞼後退に対する手術では、独自の改良を加えた術式を採用し、また、美容外科的に配慮した手術を行っています。


甲状腺眼症に対する外側深部眼窩減圧術の術前・術後のCT画像です。
術後は眼窩内のスペースが広くなっており、効果的に減圧されています。
術前   外側深部減圧(術後)


 流涙症に対する外科的治療は、鼻内視鏡を用いることによって安全、確実に行っています。涙嚢鼻腔吻合術は、ほとんどの症例で、皮膚に切開創を作らない鼻内法を行っています。

 眼瞼腫瘍の切除、再建は、病理検査の結果を確認しながら行うため数回の手術を必要としますが、通常、局所麻酔下で行い、ほとんどの場合で日帰り手術が可能です。
眼窩腫瘍に対する手術では、結膜を中心に切開をおく方法を用いているため、術後の皮膚の傷はほとんど目立ちません。また、この方法では広い術野を確保できるため、より安全、確実な手術が可能となっています。
全身麻酔や特殊器具を使用する場合、愛知医大にて行うことがあります。


 
page back page top
Copyright 2004 ISHIDA EYE CLINIC. All right reserved.