石田眼科クリニック
プライバシーポリシー お問い合せ HOME
レーシック手術の流れ-手術前-【レーシック手術】

1.初診時検査

視力や近視の度数などを検査し、現在の近視の状態を把握します。



2.診察&手術の説明

手術に対する質問、ご希望、日常生活等についての話を伺い、医師から説明があります。手術を希望される場合、適応検査の予約をしていただきます。



3.適応検査

手術を希望される場合、手術を行うことができるかどうかを判断するため、適応検査を受けていただきます。すべての方が手術を受けられるわけでは有りません。
また、手術の確実な効果を得るために、視力、近視の度数だけでなく様々な検査が必要です。
これらの検査結果に基づき手術が可能かどうか、最適な矯正量を決定します。
詳しい検査の内容へ



4.手術説明・カウンセリング

検査の結果、レーシックに適していると思われる方にあらためて説明を致します。 全ての内容を十分理解し、了承された後、手術を希望される場合は手術までの留意点を説明し、手術同意書などの書類をお持ち帰りいただきます。



◆◆ コンタクトレンズを装着している方へ ◆◆
コンタクトレンズを装着していると、角膜の表面がコンタクトレンズの圧力でゆがみ、検査結果に大きな誤差を生じさせ、手術の効果に著しく影響することがあります。
レーシックを受けられる前には、角膜を本来の形状に戻し、正確な検査をすることが大変重要なのでコンタクトレンズの装着を中止していただきます。
最良の結果を得るために、必ずご協力下さい!
眼鏡をおもちでない方など、お困りの方には1DAY 使い捨てコンタクトなどをご利用いただきます。

 
page back page top
Copyright ISHIDA EYE CLINIC. All right reserved.