石田眼科クリニック
プライバシーポリシー お問い合せ HOME
レーシック手術の方法【レーシック手術】

LASIK手術の方法

 LASIKとは角膜表面の1/3程度をマイクロケラトームという特殊な器械で切開し(フラップ作成)、その下の角膜実質にレーザー照射を行うことにより角膜のカーブを変化させる方法です。
フラップは元の位置に戻すと自分の力で接着し、全くと言っていいほど傷が残りません。表面の傷が非常に滑らかで少ないために、手術後の痛みの他の方法に比較して大変軽く術後の視力回復も速やかになりました。
点眼麻酔で手術に要する時間は15分程度。入院の必要もありません。

手術の手順

点眼薬による麻酔をします
マイクロケラトームにより角膜の表面を一部がつながったふた状(フラップ)に削ります
フラップをめくります

エキシマレーザーを照射します
フラップを戻します
フラップは2、3分で自然に接着します

 
page back page top
Copyright ISHIDA EYE CLINIC. All right reserved.