石田眼科クリニック
プライバシーポリシー お問い合せ HOME
近視とは…もののみえるしくみ【レーシック手術】

どのように近視を矯正するのかをより深く理解していただくために、ものが見えるしくみをお話しします。

物が見えるしくみ


目に入ってきた光は、角膜と水晶体を通り屈折して、網膜に像が写し出されます。目はピントを合わせるために、毛様体(もうようたい)により水晶体の厚さを調節しています。また、虹彩(こうさい)により光の量も加減します。
一参天製薬(株)ホームページより引用一

近視とは?

近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態です。近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こります。

1.正常な眼(正視)

正常な眼球では角膜を通った光は 角膜と水晶体で屈折し、網膜で焦点が合うようになっています。
正視とは、遠くを見たときに網膜にピントが合う状態をいいます。

2.近視

近視の場合は、角膜の屈折する力が強いか、もしくは眼球が長いため、網膜よ り手前で焦点が合います。網膜上では像がぼやけた状態で映ります。

3.眼鏡、コンタクトレンズによる矯正(凹レンズによる近視の矯正)

近視の矯正には凹レンズを使います。凹レンズは焦点(ピントが合う点)を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズをかけると、網膜にピントが合って遠くがよく見えるようになります。

4.LASIKによる近視の矯正(近視矯正手術)

角膜にレーザー照射を行うことにより角膜のカーブを変化させます。

 
page back page top
Copyright 2004 ISHIDA EYE CLINIC. All right reserved.