石田眼科クリニック
プライバシーポリシー お問い合せ HOME
エキシマレーザーとは【レーシック手術】

 近視矯正手術(LASIK:レーシック)は近視矯正の一つの方法として確立し、すでに欧米の先進国では日常的に手術が行われています。アメリカでは1998年に年間44万件のLASIKが実施され1999年は100万件の手術が行われたといわれています。

 近視矯正手術は特別危険な手術ではありませんが、だからといって誰でも受けられるというものでもありません。角膜そのものが薄かったり、眼に病気を持つ方は、手術を受けることができない場合があります。
そのような判断や診断は、眼科専門医でないと難しいものです。検査段階の判断を間違え、トラブルを起こしたケースも多くあります。また、手術後の経過を見ながらの、専門医のケア治療も必要です。

 当院は眼科専門医屈折矯正手術の会の会員です。この会はLASIKを行っている眼科医専門医の集まり,長年地域医療の発展に貢献してきた眼科施設の集まりです。

エキシマレーザー近視矯正手術

 エキシマレーザーは、1995年アメリカのFDA*によって認可されてから、本格的なレーザーによる屈折矯正手術が始まり、今ではアメリカはもちろんのこと、このエキシマレーザーによる近視矯正手術は、ヨーロッパ先進国、中国、東南アジアなど世界中に広がっています。

*FDA (Food and Drug Administration)
FDAとは、世界でもっとも厳しい審査基準を持つアメリカの食品医薬品審 査局。日本でいうところの厚生労働省にあたります。

平成12年1月28日、厚生労働省はエキシマレーザー装置に対し、従来の角膜疾患治療だけでなく、近視治療目的での使用について、その安全性や合併症のリスクが安全範囲であるとして、正式に認可を出しました。

 
page back page top
Copyright ISHIDA EYE CLINIC. All right reserved.